スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

homebrewを使ってMacにMongoDBとPostgreSQLをインストールする

PHPのyiiフレームワークでは、ソースの自動生成をWebインターフォースで行います。そのため、ローカルでPHPやデータベースが動作する環境が必要になります。
homebrewを使ってMacでyiiが動作する環境を構築してみます。
今回はまずMongoDBとPostgreSQLをインストールします。

最初にhomebrewのインストール。リンク先を参照してください。

インストール後にbrew自体のupdateをします。
brew update

MongoDBを探します。
brew search mongodb

mongodb

適用できるオプションの一覧を確認します。
brew options mongodb

mongodb
--32-bit
Build 32-bit only.

64bitで問題無いのでそのままインストールします。
brew install mongodb

インストールすると自動起動の方法が出力されるので、それに従って設定します。
mkdir -p ~/Library/LaunchAgents
cp /usr/local/Cellar/mongodb/2.0.3-x86_64/homebrew.mxcl.mongodb.plist ~/Library/LaunchAgents/
launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mongodb.plist

動作確認してみます。
mongo

MongoDB shell version: 2.0.3
connecting to: test

次にPostgreSQLの検索
brew search postgresql

postgresql

オプションの確認
brew options postgresql

--32-bit
Build 32-bit only.
--no-python
Build without Python support.
--no-perl
Build without Perl support.
--enable-dtrace
Build with DTrace support.

PythonとPerlはいらないので除いてインストールします。
brew install postgresql --no-python --no-perl

自動起動の方法が示されるので適用します。
initdb /usr/local/var/postgres
mkdir -p ~/Library/LaunchAgents
cp /usr/local/Cellar/postgresql/9.1.3/homebrew.mxcl.postgresql.plist ~/Library/LaunchAgents/
launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist

PostgreSQL用のスーパーユーザを作成します。
createuser -s -P

DBを作成します。
createdb -h localhost -U superuser -E=UTF-8 test

接続します。
psql -h localhost -U superuser test

バックスラッシュqで抜けます。
\q

以上です。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。