スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YiiのGiiでCRUDの自動生成

PHPのyiiフレームワークでWebからソースを生成するgiiを試してみます。
前回と前々回のインストールが済んでいることが前提です。
まずここから最新版をダウンロードします。
~/optで展開してyiiというシンボリックリンクを作成します。

$cd ~/opt
$curl -O http://yii.googlecode.com/files/yii-1.1.10.r3566.tar.gz
$tar zxvf yii-1.1.10.r3566.tar.gz
$ln -s yii-1.1.10.r356 yii

bash等にエイリアスを作成します。

$vi .bash_aliases
alias yiic='~/opt/yii/framework/yiic'
$. .bash_aliases
$yiic

yiicが実行できればOKです。
次にWebアプリケーションのひな形を作成します。

$cd ~/opt
$yiic webapp test
yes
cd test

この状態で動作確認してみます。
nginxの設定を変更して、このWebアプリケーションが見られるようにします。

$vi /usr/local/etc/nginx/site-available/yii
root /Users/aoyagikouhei/opt/test;

$nginx -t
$launchctl unload -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.nginx.plist
$launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.nginx.plist

ブラウザで確認
http://localhost:8080/

いよいよgiiの設定に入ります。
$cd ~/opt/test
vi protected/config/main.php
24行目あたりのgiiのコメントアウトを外して、パスワードを設定します。
さらにcomponets以下のsqliteの設定をコメントアウトしてPostgreSQLの設定を加えます。
'db'=>array(
'connectionString' => 'pgsql:host=localhost;port=5432;dbname=test',
'username' => 'superuser',
'password' => 'password',
),

ブラウザでgiiにアクセス
http://localhost:8080/index.php?r=gii
パスワードはさっき設定したものです。

さてここからgiiを使ってCRUDを生成したいのですが、ますはテーブルを作ります。
psqlで接続してcreate table してください。

psql -h localhost -U superuser test
CREATE TABLE t_user (
id BIGSERIAL NOT NULL,
name TEXT NOT NULL,
age INT NOT NULL,
description TEXT NOT NULL DEFAULT '',
PRIMARY KEY(id)
);
\q

またブラウザに戻ってModel Generatorをクリック
Table Name に「t_user」
Model Classに「User」
を設定。PreviewしてGenerate

Crud Generatorをクリック
Model Classに「User」
Generateにてtry it nowをクリック

Create Userをクリックするとログインに入るのでadmin/adminでログインしましょう。
あとはCRUDを堪能するだけです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。