スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jruby1.1.4リリース

つい先日にJruby1.1.4がリリースされました。
英語のお勉強用に翻訳してみました。うーん、自信ないとこが多いです。


- Javaとの結合層でものすごくリファクタリング
 2-20倍のスピードアップしたコンポーネント(コール、コンストラクター、配列)
 多くの「長く居座った」(long stanging?) Java/Ruby間のインタラクションバグ解消
 いまある機能は、もっと一貫性と信頼性を持たせて作成
 クロージャーはインターフェースからスタティックメソッド、コンストラクターにできる(なんのこっちゃ?)
 Javaの例外はRubyのraise/rescue構文で直接扱える
 膨大なメモリは効果的に改良(GCを削減)
- Ruby1.9サポート開始(--1.9 フラグで利用可能)
 Native complex/rational(?)
- 追加的な効果で、インタープリターでパフォーマンスの良い動作
- --manage下でメモリリーク改修
- Cライブラリを呼ぶためのFFIサブシステム
 Rubiniusのsyslogモジュールの動作と組み込み
 win32APIサポート開始
- スレッドプーリング改良(at least one production user now(?))
- 配列の並列アクセスの改良
- Jruby1.1.3から72の問題を解消
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。