スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gemの作成からリリースまで

rack-session-mopedというgemを作成してrubygem.orgに登録しました。
このgemはセッションをMongoDBに保存する時に標準のdriverではなくMopedというMongoidが提供するdriver(Moped)を使用します。
Mongoidを使うと自動的にMopedが使用されるので、セッションのためだけに標準のdriverをインストールするのはなんかもったいない気がして、rack-session-moped作成しました。

gemのひな形はbundlerで作成します。

bundle gem rack-session-moped -V
cd rack-session-moped/
git add .
git commit
git remote add origin git@github.com:aoyagikouhei/rack-session-moped.git
git push -u origin master
vi rack-session-moped.gemspec
gem.description   = %q{Rack session store for MongoDB}
gem.summary = %q{Rack session store for MongoDB}

rake build
vi .gitignore
vendor/bundler

vi Gemfile
gem 'rake'
gem 'rspec'
gem 'yard'
gem 'redcarpet'

bundle install --path=vendor/bundler
mkdir spec
vi spec/spec_helper.rb

require 'bundler/setup'
require 'rack-session-moped'

RSpec.configure do |config|
# some (optional) config here
end

vi spec/rack-session-moped_spec.rb
require 'spec_helper'
describe Rack::Session::Moped do
pending "write it"
end

vi.rspec
--color
-fs

vi Rakefile
require 'rspec/core/rake_task'
require 'yard'

RSpec::Core::RakeTask.new(:spec)
task default: :spec

YARD::Rake::YardocTask.new(:doc)

bundle exec rake spec
git add .
git commit
git push

これで、準備が整いました。
後は完成するまでプログラミングです。
完成後にrubygem.orgに登録します。まずrubygem.orgに行ってアカウントを作成します。
edit profileを見るとAPIキーの登録方法が書いてあるのでそれに従います。
ただし、私はその方法でうまく行かなかったので、ブラウザでダウンロードして置き換えました。
最後にリリースです。

bundle exec rake release
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。