スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条件テストにパラメーター機能追加

昨日の記事で書いたテストツールにパラメーターとして利用またはチェックする機能を追加しました。

・事前条件
事前条件

・事後条件
事前条件

・パラメーター
パラメーター

require 'spec_helper'
describe Condition do
before(:all) do
DB << "CREATE TABLE IF NOT EXISTS t_user(user_id BIGINT, user_name TEXT)"
DB << "CREATE TABLE IF NOT EXISTS t_test(id BIGINT, name TEXT, flag BOOLEAN, ts TIMESTAMPTZ, iary BIGINT[], tary TEXT[])"
end

it 'pre and post' do
param = Condition::Param.new(FILES + '/t_user.ods')
param.pre(DB)
param = Condition::Param.new(FILES + '/t_user.ods', 1)
param.post(DB)
end

it 'pre and params' do
param = Condition::Param.new(FILES + '/t_user.ods')
param.pre(DB)

param = Condition::Param.new(FILES + '/t_user.ods', 2)
ds = DB[:t_user].prepare(:insert, :insert_with_name, {user_id: :$user_id, user_name: :$user_name})
ds.call(param.get_one('ins'))

list = DB["SELECT * FROM t_user"].all
param.check('list', list)
end
end


昨日のバージョンではpre, postというクラスがあったんですが廃止してparamというクラスに統一しました。
パラメーターのシートではテーブル名の代わりに名前がつきます。
パラメーターの取得やチェックにはこの名前でアクセスします。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。