スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Railsでテーブルを再構成する

Webシステムの開発中はテーブルがどんどん変更されていきます。
Railsなら本来ならmigrateファイルにalterを積み重ねて行くのが筋なんでしょうが
個人的に最初のリリースまではalterを使わずにテーブルを削除してからmigrateし直すのが好みです。

手順としてはすべてのテーブルをdropしてmigrate, seedということになるんですが
特にテーブルのdropがいちいちめんどくさいです。
なので一括で実行するtaskを作成しました。

bundle exec rails g task dev

namespace :dev do
desc "テーブルを再作成"
task cleanup: :environment do
tables = ActiveRecord::Base.connection.tables
tables.each do |table|
ActiveRecord::Base.connection.execute("drop table #{table}")
end
Rake::Task["db:migrate"].execute()
Rake::Task["db:seed"].execute()
end
end
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。