スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GroovyでDBアクセス

Groovy1.6リリース記念といたしまして(先月の18日の話ですが・・・)、PostgreSQLへDBアクセスするサンプルを紹介します。
groovyの他にPostgreSQLのJDBCをダウンロードしてクラスパスに設定しておいてください。
ソースを見ると昨日のVBSよりも圧倒的に簡単ですね。
import groovy.sql.Sql

// コネクション初期化
def dbURL = 'jdbc:postgresql://localhost:5432/test?user=user&password=password'
def jdbcDriver = 'org.postgresql.Driver'
def sql = Sql.newInstance(dbURL, jdbcDriver)

// テーブル作成
sql.execute("create table m_user (id integer, name text, primary key (id))")

// データ登録
def list = ['予定表', '?', 'ハンカク', '?']
def i = 0
for (name in list) {
sql.execute("insert into m_user (id, name) values (?, ?)", [++i, name])
}

// データ検索
sql.eachRow('select id, name from m_user order by id asc') {
println it.id + ":" + it.name
}

// テーブル削除
sql.execute("drop table m_user")


一行入魂サイトにまとめがあります。
スポンサーサイト

Tag : PostgreSQL

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。