スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分散バージョン管理システム

最近は一人で開発することが多くなってきたので、わざわざsvnを使うのも大げさな気もして、流行の分散バージョン管理システムを試してみようと思いました。参考にしたのは、この記事。
分散バージョン管理Git/Mercurial/Bazaar徹底比較」この中で日本語がちゃんと使えそうなのはBazzarぽっかったので、Bazzerに決定。早速インストールして試してみました。

主にMacを使っているので、古き良きコマンドラインで試してみましたが、かなりお気軽にバージョン管理できるのでびっくりです。
管理したいアプリのトップディレクトリに移動して
$bzr init
で管理開始。
$bzr add
でファイルやらディレクトリやらを追加して、最後に
$bzr commit -m "最初の登録"
ばりばり日本語対応しているので、当然コミットコメントも日本語でOK。
あとは、修正したらcommit、追加したいならadd
消したい時は、もちろんbzrのコマンドもあるけど、ふつーにファイル消して
commitでも行けるみたいです。

操作も簡単ですが、管理ディレクトリが一つしかないのが、CVSやSVNと大きく違うところです。
Bazzerはなんと、initコマンドを実行したディレクトリにだけ管理フォルダを作ります。
個人的な感想なんですけど、ソースツリーをあまり汚していない気になれるんですよ。
問題があっても、その一つの管理ディレクトリを削除すれば、すぐに元のソースツリーに戻れます。
これがちょっと気持ちいいですね。

で、この特性を生かして面白いソース管理を実際の開発で試してみました。
複数人の開発者がいる環境で既にソースはCVSで管理されていました。
なんか今時CVSなんて古くさくてやだなぁなんと思っていたんですが・・・ええ、ここにBazzarを差し込んでみました。
CVSにはBazzarの管理ファイルは無視させます。一つしかないから簡単にできます。
ローカルで開発しては、ちょくちょくBazzerのコミットをします。実験コードを書いても気にせずコミット。
実験コードは別のブランチで・・・とかめんどくさいことやってられません!
で、ほどほどちゃんと動くようになって、初めてCVSでコミットします。
変なコード書いて他人に迷惑かけることないし、さくさく実験できるのがすごく気持ちいいです。簡単にコミットできない環境だと、実験コード書いて消して、ああ!あのコード元に戻したいと思っても後の祭りってこと、よくありました。

導入がやたらと簡単ですし、SVNやCVSと平行してできるし、実は単体で大規模もへっちゃらだったりするし(ドキュメントの受け売り、まで試してません)、結構面白いですよ。
スポンサーサイト

Tag : Bazzar

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。